古民家再生生活

和モダンを目指す!高級古民家を購入してリフォームやリノベーションを自己流でやってみる

Pocket
LINEで送る

リフォームDIY 家のデジタル化 防犯

鍵の交換は自分で安くできる!(ミワ製)

更新日:

家のスマート化を進めている我が家。

次は鍵のスマート化かな、なんて勝手に思っています。

キュリオロック。導入したいです。

↓過去記事。

木製の玄関扉を電子鍵(キーレス)にしたい

さて、その前に気になっていたのが、玄関扉の鍵そのもの

導入希望のキュリオロックは、鍵を交換するわけではなく、既存の鍵を使用し、開閉を自動でできるようにする、という代物。

こちらを導入する前に、玄関扉の鍵ごと交換しておきたいと思っているのです。

なぜなら、以前住んでいた方から受け渡されたままで、そのまま使用しているからです。

勿論、引き渡しの際にスペアを含めて鍵類はすべて頂きましたが、全て回収されているかどうかは分かりませんし、疑うわけではないのですが気分的に「新しい入居者になったのだから、鍵は換えるもの」と思っていました。

とはいうものの、入居する前にリフォームをし、業者さんに鍵を渡していたりしていたので、全てが終わってから変えよう・・と思ったまま、今に至ります。

これらの流れを踏まえ、セキュリティの面でも、まずは鍵を交換→その後キュリオロックを付ける、が良いのではないかと思っています。

鍵の交換は専門業者じゃないとできない?

さて、鍵の交換ですが鍵の専門業者さんを呼んで付け替えてもらわなくてはならないと思っていました。

鍵の出張サービスって手数料が高い!と感じていましたが、専門技術が必要だから仕方ない、と勝手に思い込んでいたんです。

調べたら、鍵の交換は大体手数料1万円。

支払金額は、1万円+部品代 ということになります。

中には出張料が必要の場合もあります。

鍵はシリンダー部分を取り換えるだけで良い

調べていたら、鍵ってシリンダーと呼ばれる鍵の入れる部分だけ交換すればいいんですね。

サムターン(縦横に回すやつ)や扉の閉まる部分の金具なども全部交換する必要があるのだと思っていました。

シリンダー部分なら3000円前後で販売されています。大体鍵が3本ほどついていきます。

我が家は鍵メーカーとして有名なMIWA製なのですが、MIWA製のシリンダーも多く販売されています。(ピッキングや合鍵が作りにくいセキュリティ強化タイプは専門店でしか手に入らなかったり、高価なものもあります)

※シリンダー部分のみの交換は、今使っている鍵の型番に対応しているものを購入する必要があります。

購入する際は

  • 鍵の型番
  • シリンダー部分の色
  • 新しい鍵の形(スペアキーが造りやすい、造りにくい形がある。造りにくい形は倍くらいの価格だけれど、セキュリティーは高い)

を考慮の上、購入することをオススメします。

我が家の理想としては、

  • 今後キュリオロックを導入することを踏まえて、それほどスペアキーを造る必要はない(付属の3本で良い)
  • ブロンズ色

となると

あたりでしょうかねぇ~・・・

ちなみにこのように通販で売られている汎用の鍵でも、鍵の種類は数十万通りあるんですって。なので、いかにピッキングされにくいか、というのが肝。

鍵本体以外の防犯にも努めて形を決めるのが良いでしょう。

素人でもシリンダーの交換は簡単にできそう!

もし専門業者さんに依頼するのなら、プラス10000円が手数料なので、鍵の交換代金は1万5000円前後、というところでしょうか。

しかし・・素人でもドライバーさえあればできそうです。

MIWA LAシリンダー取替動画

MIWA LAシリンダー取替動画

MIWA製じゃなくても、交換手順がユーチューブに結構上がっているので、できるかどうか確認してみてください。

これなら鍵屋さん呼ばなくても、できそう^^♪

手間的にも費用的にもハードルが下がった気がします!

 

追記:やってみました‼↓

玄関の鍵を自分で交換する!

Pocket
LINEで送る

ランキングに参加中

にほんブログ村 インテリアブログ 和モダンインテリアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

-リフォームDIY, 家のデジタル化, 防犯
-, , ,

Copyright© 古民家再生生活 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.