古民家再生生活

和モダンを目指す!高級古民家を購入してリフォームやリノベーションを自己流でやってみる

Pocket
LINEで送る

リフォームDIY 家のデジタル化 防犯

木製の玄関扉を電子鍵(キーレス)にしたい

更新日:

我が家の玄関扉は木製の開き戸。

鍵はミワ製。内側にサムターンと言われるプラス、マイナスと回すタイプの金具が付いているものです。

以前住んでいたアパートは新築だったのもあり、設備が最新で、玄関扉は暗証番号による電子鍵でした。

小さな子供がいる私は、いちいちカバンから鍵を取り出すことさえできない状態にある場面があり、暗証番号の電子キーはとても便利でした。

我が家で希望したのは

  • ミワ製の鍵に付けられること(内側サムターン)
  • 暗証番号または電子キー(最近は携帯やシール、カード)で開けられること
  • 電気工事が必要ないこと
  • いざとなったら通常の鍵でも開けられること(故障や電池切れの場合など)

が条件でした。

探してみると楽天市場の鍵屋さん「鍵の鉄人」さんに暗証番号錠が色々と紹介されていて、自分でも交換できそう。

今は、暗証番号錠の他に、カード型、指紋認証型、リモコンなどいろんなタイプがあるのですね。

現在ついている鍵の種類や、扉の厚さや形などで、交換できるor できないがあるようですが、例えば、暗証番号やICカード、シールキー、鍵で、といろんな開錠の方法がある、EDロックプラス。価格は4万円弱です。

 


MIWA社 LAMA、LASP、13LA、 LAF取換え用ALPHA(アルファ)EDロックPLUS暗証番号(タッチパネル式)とICカード機能付きスペーシング80mm ドア厚み36〜40mm対応(レバーハンドルは、含みません。)左右共用タイプ、2年保証付き【送料無料】

 

セキュラマイロック。こちらは、以前のアパートで住んでいたとき使っていたものと似ていて、リモコンも使用できます。
ただし、14万円弱。


オートロック式ドア用電子錠・暗証番号錠セキュラ マイロックシリーズMYLOCK VF-10(VF-10H) シルバー エスカッション付き【送料無料】

 

リフォームの際、業者さんに相談をしたら、「タッチパネル式は壊れやすいですよ」とのこと。

なるほど・・。私たちの地域のように寒かったり熱かったりする地域だと、むき出しのタッチパネルは辞めた方が無難・・。

そうなってくると、カバーでついていて、ボタンタイプの2番目に紹介したセキュラマイロックに白羽の矢が刺さるんですが、約14万と結構高い・・。

そして、上記の商品を見せつつ、お見積りをお願いしたら

・取付費用が高かった(8万くらいの見積もりだった)

そしてそして、良く考えたら、

・木製の扉に似合わなかったこと(←最初から気付け)

で、一旦断念しました。

本来、リフォーム業者さんが出入りするために鍵を渡していたのもあり、新しい入居者になったわけだから、鍵自体を変えたいという希望はあったのですが、それにこだわらず、また暗証番号にもこだわらなければ、外側の見た目を変えず、もっと楽ちんな方法があります。


後付けリモコン電気錠リボーン2(REBORN2)ゴールTXタイプ☆☆昭和 ユーシンショウワ U-SHINSHOWA☆ゴール GOAL TX☆昭和 ユーシンショウワ U-SHINSHOWA☆☆リ・ボーン2☆Re・born2☆☆玄関 ドア 扉 修理 補修 交換 部品 パーツ

↑こちらは、内側のサムターン部分に取りつけて、リモコンで操作するもの。

価格も2万円前後と安価です。これなら、今まで通り鍵も使えるし、家の中からもリモコンで開けられます。

なーーんて、まだ電子錠に未練タラタラでいたら、とってもスマートでかっこよい商品が出ていることに気が付きました

Qrio Lock(キュリオロック)というものです。

公式ページ:https://qrio.me/smartlock/

Qrio Lock (キュリオロック) スマホで自宅カギを解施錠できるスマートロック Q-SL2

こちらは、リボーン2と同様、ドアの内側のサムターン(回すやつ)に取り付けることで、ポケットやバッグにスマートフォンが入っているだけでドアに近づけば自動で開錠、ドアが閉まればオートロックします。リボーン2のようにリモコンを探す手間がありません。

とても魅力的なのは、リボーン2が工具を使って取付しなければならないのに対して、こちらのキュリオロックは両面テープでサムターンに被せればいいというお手軽さ

キュリオロック取付方法

これなら、ドアに穴開けたりしなくて済む!

もちろん、別途になりますが、リモコンキーもあります。

Qrio Key (キュリオキー) スマホなしでも自宅カギをスマート化、Qrio Lock専用のリモコンキー Q-K1

見た目もシンプルでスタイリッシュですね♪

また、ハブと呼ばれる機械をつければネットワーク経由で解施錠可能
つまり遠隔操作できるわけですね。

オートロックではあるけれど、「鍵はちゃんと閉まっているだろうか?」と不安になったとき、スマホで操作ができるのです。
また、鍵が操作されたらスマホに通知が行くので防犯にもなります。
誰がいつ解施錠したか分かるそうです。

しかも、電源に指すだけのお手軽さ!

キュリオロックハブ

Qrio Hub 自宅の鍵を遠隔操作 鍵の閉め忘れ防止にも 外出中でも鍵の開閉をスマホに通知(Qrio Lock, Qrio Smart Lock拡張デバイス) Q-H1

キュリオロックスマートフォン画面

家族や知人に合いカギを発行できるそうで、アプリで管理できます。好きな時に合いカギの作成や変更が可能だそうです。

それも、一時的に使う場合のゲストキーやすべての権限を持つマスターキーなど、3種類の合鍵を管理できます。

鍵本体、リモコンキー、ハブのセットでも3万8千円。

Qrio Lock(キュリオロック) & Qrio Key(キュリオキー) & Qrio Hub(キュリオハブ) セット(Qrio Lock拡張デバイス) Q-SL2 Q-K1 Q-H1

万が一、スマホを忘れた、充電切れ、なんてことを考えて、リモコンキーは増やしてもいいかなぁ(まぁ、今まで通りの鍵があるのだけれど)。

本来、電子キーにするのは、防犯対策の意味もあり、ピッキングされたら元も子もないのだけれど、キュリオキーは、遠隔操作が出来たり、鍵の開け閉めをスマホに通知してくれる機能は防犯的にもいいですね。

今のところ、目付第一位です。

Pocket
LINEで送る

ランキングに参加中

にほんブログ村 インテリアブログ 和モダンインテリアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

-リフォームDIY, 家のデジタル化, 防犯
-, , , , , , ,

PAGE TOP

Copyright© 古民家再生生活 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.