古民家再生生活

和モダンを目指す!高級古民家を購入してリフォームやリノベーションを自己流でやってみる

Pocket
LINEで送る

お掃除

布製ソファーのシミを洗濯してキレイにする

投稿日:

購入して1年のソファー。

子どもがソファーの上で物を食べたりするので、汚れてきています。

以前、花王のクイックル布・カーペットウェットぶきシートで拭いてみたところ・・

クイックルウェットシート

クイックルシート

こんな白いシートが・・

 

こんなに真っ黒!になったことがありました。

ソファーって汚れているんですね^^;

でも、このシートで拭いてもシミまでは取れなかったので、今回は思い切って洗濯することにしました。

この布製のソファーは洗濯可能の布製カバーです。

ソファーの汚れ

ところどころにシミが出来ている

ところどころにシミができていたり、チョコレートやケチャップ?などが飛んだ跡が見受けられました。

ソファーカバーを洗うための下準備!

ちゃんとキレイになったかどうか、後から比較できるようにするために、気になる汚れには糸で囲んでおきました。

ソファーの汚れ

ソファーカバーをはがす!

カバーをはがすのは簡単で、ソファーの足の方に手を突っ込んでマジックテープをはがすだけ。

ヌーディーなソファー

カバーをはがすとこのようにヌーディーな中身が現れます。

ソファーの中身自体は、洗えないので、カバー洗濯中に汚れないよう、ベットカバーをかぶせて凌ぎます。

ベットシーツをしくソファー

これはこれで、なかなか良い座り心地でした♪

そうそう、ソファーの中身を外してみたら、そこそこゴミやほこりがたまっていましたので、これを機会に掃除機をかけます!

ソファー台に掃除機をかける

ソファーカバーを“オキシ漬け”ならぬ”オキシ蒸し”

剥がしたソファーカバーは大きいので、お風呂で浸け置き洗いすることにします。

使うのは今、流行の「オキシクリーン」です。

酸素系の漂白剤で柄物などにも使え、万能洗剤として話題のアレです。

まぁ、優しく洗う分にはエマールとかでもいいと思います。

オキシクリーン

1.ソファーカバーを浴槽に投げ込みます。

ソファーカバー洗濯

2.40度~50度のお湯をため、お湯に溶いたオキシクリーンを投入

浸け置き洗濯

給湯器の温度を高くして、シャワーで入れて行きました。

オキシクリーンをふた1杯分、お湯に完全に溶かして混ぜます。オキシクリーンがシュワシュワとしてきます。

お湯に浸した時点でお湯に色が出ていて、汚れが落ちてきてる感じですが、汚れというよりホコリが多いような印象でした。

3.ふたをして蒸す!

ふたをして蒸す

我が家のお風呂はお湯が冷めやすいので、ふたをしてお湯の温度が下がらないようにして4時間~5時間ほど放置。

オキシ漬けならぬオキシ蒸しです!

4.放置後はよく水で漱いで、洗濯機で脱水

オキシ漬け後

4~5時間ほど浸けて置きました。

ついでにスリッパも投入。

水に色がついて、汚れが落ちているのが分かります!

よ~く水で漱いで、大きいタオルで包み洗濯機まで持っていき、脱水をかけて干します!

5.1日干したら乾きました。結果はいかに?

1日干したら乾きました。

ソファーのシミ

照明の関係で色味が異なりますが、色落ちはありませんでした。

シミは見事に無くなっていますし、全体的のくすみもなくなりました。

ケチャップのシミ比較

ケチャップのシミだと思われる汚れもキレイさっぱり。※照明の都合でアフターの方写真の方が赤っぽくなっています。

布製カバー洗濯後の感想

正直、大きいものの洗濯なので、なかなか手が出せなかったソファーカバーの洗濯。

でも、今回は浸け置きだけだし、剥がすのも被せるのも思ったよりも簡単で、こんなことなら早くやれば良かったと思いました。

布の質にも寄りと思いますが、くたった感じやシワ、縮みや色落ちもなく、仕上がりもキレイ。

全体的に薄らついてたシミの数々が無くなって、買った当時のような状態になって大満足です。

ランキングに参加中

にほんブログ村 インテリアブログ 和モダンインテリアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

-お掃除
-, , ,

Copyright© 古民家再生生活 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.