古民家再生生活

和モダンを目指す!高級古民家を購入してリフォームやリノベーションを自己流でやってみる

Pocket
LINEで送る

リフォームDIY

モルタル、コンクリート、セメントの違い

更新日:

セメントを練る

塀の隙間をセメントで埋める作業をした際に思ったこと。

モルタル、セメント、コンクリート・・色々と言い方があるけれど違いってなんだろう?

ということ。

父に聞いたら

お前!全然ちげーよ!

と言われたけれど、いまいち納得いかなくて、備忘録としても残しておくことにします。

セメント、とは?

セメントはコンクリート、モルタルを作るための粉!

モルタルやコンクリートの原料、のことらしい。

お好み焼きだったら小麦粉、ということ。

モルタル、とは?

セメントに砂を混ぜて水で練ったもの。

どちらも粉状のものなので、仕上げが滑らかなのが特徴なので、レンガやタイル、ブロックの目地に使われることが多く、表面の仕上げにも適しているとのこと。

ちなみに、「インスタントセメント」っつーのは、スグに使えるように砂が混ざっているとのこと。
つまりはモルタル、ということですな。

モルタルっていう方が一般的ではないので、セメントって言ってるんですかねー。

モルタルはお好み焼きだったら、広島風の土台っつーことですな。(小麦粉+出し粉+水)

コンクリート、とは?

セメント+砂や砂利と混ぜて水で練ったもの。

砂利を混ぜると強度が増すのだそう。

モルタルよりは少し荒目か。
確かに、たまに大き目の石が混ざった土台ありますものね!

コンクリートは、お好み焼きだったらキャベツが混ざった(関西風?っていうのかな)素ってことですな。

 

 

Pocket
LINEで送る

ランキングに参加中

にほんブログ村 インテリアブログ 和モダンインテリアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

-リフォームDIY
-, ,

PAGE TOP

Copyright© 古民家再生生活 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.